Top

ヘアラインについて

自毛植毛の仕上がりで非常に重要な「ヘアライン」の決め方ですが、意外とその方法については多く語られていません。ヘアラインは十人十色、生え際は人によって異なります。当然ながら手術をした後でいくら後悔しても、ヘアラインの変更はできませんので、今回はそこに切り込んでいきたいと思います。

3つの理論からなる「NCヘアライン法」

「NCヘアライン法」とは、3つの理論からなる理想の髪型へのヘアラインプランです。

  1. おでこの筋肉により植毛可能な範囲を考慮した医学的なヘアライン
     

  2. 顔の黄金比を考慮した調和のとれたヘアライン

  3. 微細なウェーブによって近くで見ても自然な仕上がりなヘアライン

この3つの理論をバランスよく取り入れたNCヘアライン法に加えて、本人の理想とするスタイルを事前カウンセリングで丁寧にヒアリングをする事で、理想的なヘアラインが完成します。

 

総合毛髪企業24年のプロ目線

NaturalChangeでお客様のヘアラインをご提案するのは、理容師の国家資格を持ちながら、大手総合毛髪企業に24年間勤め、「1万人以上の薄毛で悩んでいる方」の相談を行ってきた、NaturalChange代表の豊田です。

代表自身も薄毛に悩み、たどり着いた究極の薄毛解消方法が「海外」+「自毛植毛」です。

FUE法(2,000グラフト)を体験したのち、植毛先進国トルコで更に+2,800グラフトの施術を行い、ドクターの医学的知見と、弊社NCヘアライン法にて自ら決定し、こだわりぬいた理想の髪型を手に入れることに成功しました。

1万人以上の髪型を見て蓄積した知識と経験をもとに、お客様に寄り添った理想のヘアラインを作り上げていきます。

 

ヘアライン実例

 

自然な毛流を考慮した「アングル植毛」

髪の毛の生え方は、人によって異なります。さらに、生え際・頭頂部・M字部分など場所によっても、毛の向きや毛量に個人差がありますので、移植箇所に適したスリットが重要になります。自然な仕上がりになるためには、毛の流れと密度を考慮した施術が必要です。

 

 

5年先、10年先を見据えた「ジグザク植毛」を

自毛植毛を行った場合、AGAの影響を受けにくい箇所から毛根を移植するので、定着すれば半永久的に毛が伸びてきます。ただ、時間がたち薄毛が進行すると、植毛した生え際と既存の毛が残っている境が分かりやすくなってしまいます。

それを防ぐためにNaturalChangeでは、「薄毛エリアと、正常エリア側の境目へジグザグに植毛」が可能です。
薄毛が進行しても馴染むので、自毛植毛の効果がより長く感じられます。
生え際を1~2cm下げる程度であれば、1,500~2,000株ですが、段差を作らない5~10年先を見越した植毛をするのであれば、+500~1,500株がお勧めです。日本や韓国においては、〇円/株での計算で高額になりやすいですが、NaturalChangeでは、DHI or サファイヤFUEを選べて、いずれも5,000株まで同一料金となっているので、安心して理想の植毛を追い求めることができます。

 

剃らないDHI法植毛だと周りにバレにくく安心

「DHI方式」は剃らずに植毛可能ですので、周りにバレにくく安心です。会社やご友人などの視線が気になる方に大変お勧めです。日本では一般的に高額なDHI方式ですが、NaturalChangeでしたら5,000株植え放題の一律料金でご提供しています。

© 2023, NaturalChange